ごちそう後にわが家をマーケティング、猫といったウサギの初鉢合わせ

彼氏のお母様のおお年が月曜日だったので、週末のごちそう未満ワインをもちまして義お家を訪れました。

義実家ではウサギを2匹飼ってあり、うちでは猫を飼っていらっしゃる。
軽装訪問するシチュエーションうちの猫は連れて行かないのですが、逗留時間も必ず少ないから無性に連れて行きたい!といった、彼氏がお父様に承認を取ってうちの人を連れて行くことに。

もちろん式のオペはこちらがしました。
うちの猫は車に乗るのは応戦がないのですが、家庭から去るという落ち着かなくなりニャーニャー鳴き、後部卓に移ろうってしたりオペ客席の下に入ろうというしたりという大変。
15部品ほどの移動だったのでそこまで長くではなかったのですがお家へ付く頃に亭主のドレスは毛むくじゃらになりました。

お家に関しまして猫を中に加えるって落ちつかなみたいにテンションを嗅いで見廻り、少し落ち着くってお庭の芝を食べって自由に過ごす猫。
勿論その間は案内をつけている。

うちではケージを使わずどこかに赴きはとっくり案内です。
うちのウサギたちは内部から猫の構図を伺っていたのですが、気になったのか猫の構図を伺いに広間から出てきました。
ウサギを見たことがなかったうちの猫は、いきなりの顔合わせに賞賛のかシャーといって警戒する対応。
離れた事で宥め抱っこしたりしてやっと落ち着きました。

後ちょっぴり逗留して家に帰りました。
猫は疲れたのかまもなくしっかり眠ってしまいました。初めての事実で疲れたんでしょうね。そういったオフでした。顔が乾燥する赤みで悩む人100人が選んだ化粧水のおすすめはこちら