サムライにの文化に触れてみよう。こうしてサムライになってみよう。

殺陣。大体の人はこの文を見て『さつじん』といった読んでしまうが、『たて』といった読むのである。きちんと時代劇で行われているビビッ。いわゆるチャンバラはだ。
私も本当はあげるのだが、実に奥が深いものである。
ただ、刀を振りませば嬉しいというものではない。そこには究極の会話が存在するのだ。
切りアームといった切られ役がいるが、その二人のタイミングがそれるという切られているようには見えない。動いてる取り分けお互いの動きを意識して、そうしたら自分の体調も動かさなければならない。
中には自分だけがかっこよければいいと自分勝手な動きをしてしまう人が多いが、本当はそれはメチャメチャキモイことである。
あまりモデルには多い気がする。昔のモデルも今のモデルもそうだが、何だか見ていると自分勝手な動きをやる人が多い。面持が美男だからとか、行動地雷がいいとかであそこがいることを忘れてしまう。これだとなかなか第三者から見て、良い殺陣(立ち回り)には見えない。
いよいよにていい立ち回りはあそこというタイミングが合っていることだと思う。

殺陣の事を書きましたが、今の国内は時代劇や殺陣というものを見る機会が昔に比べてはるかに減ってしまった。でも本当は私もみたいに講じる人もいるという事を分かってほしいと思い記入としてみました。
長短そういった記入をご覧になっておる人がいたら殺陣という喜ばしい日本のカルチャーに触れてほしい。
大袈裟ですが『サムライになろう!』そうです、ちょっぴりサムライに近づけたらなと思っております。

日本人として。。。ちゅらトゥースホワイトニングの体験談はこちらへ