鏡餅の食べ方にあたって、いろいろ練り上げる

軟らかい水餅は上げてもネットリになってしまいます。
揚げ抱えが食べたかったので作ってみましたが失敗してしまいました。

自由自在、ベトベトの揚げ餅は家族には不評で、全く単独で食べていました。
翌年からは別の食べ方にしたいと思います。

漸く賢く作ろうと思っても、上手くいかないこともあります。
食品は科学テストもののところがあるので、時として失敗してしまうこともあります。

失敗した食品を整理種別によっては復活させることもできるので、最後まであきらめないことが必要です。

それにしても、最近は私のまわりだけかもしれませんが、カピカピに乾燥した鏡餅を見なくなりました。
大きな鏡餅の内輪を開けてみると、個梱包された小さな四角いお餅が入っているのもあります。

確かに食べやすいのは良いのですが、揚げ餅には適していないと思います。
以前に現場で食べた揚げ餅は、まるっきり久しぶりで美味しかったのを覚えています。

いつかまた次世代、有難い揚げ餅を食べてみたいです。
アメイジングのお菓子ショップに、揚げ餅もののお菓子が売っています。

随時大売り出しの対象になっているので、短い時は買って食べたこともあります。
これもたいへんうまいのですが、どうしても本物の揚げ餅にはかないません。

お持ちの食べ方はいろいろあります。
今年は例年に比べると、至極お餅を食べていて、とっくに無くなりそうです。

いかなる食べ方だったとしても、鏡餅を食べた結果、今年通年、無病息災で過ごせるように祈りたいと思います。出会い系サイトは超怖い!!!はじめてやるなら知っておきたい恐怖体験