インプラントは自費

現状では、インプラント施術のほとんどは自費となるので高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。
それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込めるささき歯科クリニック院が増えています。

施術開始時に費用をすべて現金で用意できなくても、自身が要望する施術を初めることは実現できるようになりました。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。例えば、ブリッジ施術をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ施術することになります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント施術を優先して良いでしょう。インプラント施術は結構の技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、フィクスチャー、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの所以で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、ささき歯科クリニックはよく考えて決めて頂戴。

フィクスチャーをあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大切です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
急患でも診療を受けることが必要です。本当に選りすぐりのインプラント専門のささき歯科クリニックでないとできないなら、国外までも探しにいくというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中のささき歯科クリニックが研修を受けています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そんなに簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報蒐集することを頑張ってみましょう。

インプラント治療は自費です。ささき歯科クリニックような技術が確かな医院で受けましょう。